スポンサーリンク

初心者必見!一見さんのボルダリングジム巡り 【文京区】スポドリ!

  • 最近の流行りに乗じて、『ボルダリング』というものを始めてみたアラフォーのおやじです。この歳から新しいことを始めるのには若干勇気がいりましたが、同じジムに何度か通っているうちに常連さんの仲間入りもできて、週一で楽しくボルダリングライフを満喫しておりました。
    しかし、やっと慣れてきたジムがつい先日閉店してしまったのです!!やっと楽しくなってきたのに…。
    何が困るって、また他のジム行っても「一見さん」から始めなくてはいけないのが…
    というわけで、どうせ「一見さん」から始めるのならば、いっその事行ける限りのジムを巡ってみていろんな出会いや経験を積んでみたいと思ったわけです。

スポンサーリンク




野球の殿堂にしてスポーツの聖地、後楽園で登る

今回は、東京ドームシティにある複合スポーツ施設「スポドリ!」内にあるボルダリングコーナーに行ってきました。

施設内には、バッティング・ピッチング・ゴルフ・レンタルフィールドなども併設されており、家族や、目的別の友人同士でも楽しめるつくりになっています。

営業時間・利用料金

営業時間

10:00~22:00(ボルダリングエリアの営業時間です)

利用料金

【入会登録料】 800円(初回のみ)

1日 ナイト割(20時以降) 回数券(11回)
大人 1,700円 1,500円 17,000円
大学・専門学校生 1,500円 1,300円 15,000円
小・中・高生・60歳以上 900円 800円 9,000円

  • 時間制限なし(途中退館不可)
  • 初回のみ、入会登録料が必要
  • 初回登録時のみ、レンタルシューズ無料
  • 高校生のご利用には保護者の同意(登録同意書に署名)が必要
  • 小中学生の利用者は18歳以上(高校生は含まない)の同伴利用が必要(同伴者1名につき小中学生5名まで)
  • 未就学児の利用不可
  • 混雑時は入会を一時中止する場合あり
  • 回数券の有効期限は6ヶ月間

【月会員】

月会員
大人 13,000円
大学・専門学校生 11,000円
小・中・高生・60歳以上 7,000円

  • 月会員の詳細はフロントまでお問い合わせください

【その他料金】

レンタルシューズ 350円(初回無料)
レンタルTシャツ 350円
レンタルパンツ 350円
液体チョーク 250円

  • 当施設は粉チョークの使用をご遠慮いただいております

【会員登録】

当施設を初めてご利用になる方は、会員登録が必要となります。事前に「web会員登録申込」からご登録いただきますと、会員登録がスムーズに行えます。

立地

ランドマークの東京ドームを中心に、後楽園遊園地・後楽園ホール・場外馬券場のウインズ後楽園。その他飲食店やショッピングも楽しめるレジャー施設「東京ドームシティ」。

「スポドリ!」は、そんな「東京ドームシティ」の中で、「JR水道橋駅」にほど近い「黄色いビル」の中にあります。

住所

〒112-0004  東京都文京区後楽1-3-61 黄色いビル 3F

電車をご利用の方

【最寄り駅】

JR「水道橋駅」西口

都営地下鉄三田線「水道橋駅」A2出口

東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2番出口

都営地下鉄大江戸線「春日駅」6番出口

お車をご利用の方

首都高速5号線で、池袋・高島平方面からお越しの場合は「飯田橋ランプ」、銀座・新宿方面からのお越しの場合は「西神田ランプ」で降り、外堀通りを秋葉原方面にお進みください。

受付

受付けはボルダリング専用という訳ではなく、施設全体の受付になっていますので初回登録はマニュアル通りの対応に終始します。安全面を考えれば当然のことですし、とても丁寧なのは良いことなのですが、初回登録に20分以上かかりました。

せめてもう少し、少なくとも「クライミング経験者」の対応には柔軟な対応をしていただけるとありがたいとは思いました。

設備

更衣室・トイレ共に広く清潔で、更衣室のロッカーも全てダイヤルロック式なので安心です。

ただ、更衣室とトイレがそれぞれフロアの端と端に位置しているので、少し不便です。

「ボルダリングエリア」の通路を挟んだ反対側が「バッティングエリア」になっているので、混雑してくると通路が塞がりトイレや更衣室への移動がしづらくなります。

フロアー内には自動販売機もありますが、食べ物は外で買ってこないとありません。一度入場すると再入場できないので、中で食事・軽食をされる方はあらかじめ買っておきましょう。

コース・課題

壁は「スラブ」から、「強傾斜」までありますが、「ルーフ」「バルジ」といった特殊な壁はありませんでした。

それでもホールドは「ハリボテ」「スローパー」など、今流行りの「大きめホールド」を多く採用していて、テクニカルなものから、フィジカル系まで課題のバリエーションは豊富です。

また、「後楽園」ならではのオリジナルホールド(野球のバットやボーリングのピンなど)もちりばめられているのも面白いです。「ホールド」としてはかなり悪いですけど…。

そして、なんと言ってもここの名物は、「ムーンボード」。しかも備え付けのタブレットと連携してLEDで課題を示してくれる優れものです。

ただしこの「ムーンボード」、専用アプリが英語なのですが、周りに専属のスタッフもいませんし詳しい使い方の表記も無いので、初めての方は使い方に戸惑うと思います。(私も「ムーンボード」未経験だったので、利用中の方に教えてもらいました。)

ボルダリングの課題って?

ボルダリング基礎の基礎~壁の種類~

『ムーンボード』とは?

総評

さすがに立地は申し分なく、設備自体も快適に利用できました。

正直言って、複合施設の中の「1アトラクション」ぐらいのつもりで行ったので、そこまで期待はしていなかったのですが、完全になめてました。

「ムーンボード」もそうですが、一つ一つの課題の難易度・バリエーションも「ボルダリングジム」として完璧に成立するクオリティでした。

かといって、変に敷居が高いわけでも、料金が高いわけでもなく、「一見さん」「初心者」でも気軽に楽しめる施設でした。

今回お邪魔したジムはこちら

➡スポドリ!

付近のボルダリングジム

➡永久保存版 都内23区ボルダリングMAP 城北6区編【板橋区・北区・台東区・豊島区・練馬区・文京区】