スポンサーリンク

初心者必見!一見さんのボルダリングジム巡り 【中央区】グラビティリサーチ・銀座

最近の流行りに乗じて、『ボルダリング』というものを始めてみたアラフォーのおやじです。この歳から新しいことを始めるのには若干勇気がいりましたが、同じジムに何度か通っているうちに常連さんの仲間入りもできて、週一で楽しくボルダリングライフを満喫しておりました。
しかし、やっと慣れてきたジムがつい先日閉店してしまったのです!!やっと楽しくなってきたのに…。
何が困るって、また他のジム行っても「一見さん」から始めなくてはいけないのが…
というわけで、どうせ「一見さん」から始めるのならば、いっその事行ける限りのジムを巡ってみていろんな出会いや経験を積んでみたいと思ったわけです。

スポンサーリンク




都心の一等地、あこがれの銀座でボルダリングライフ!

というわけで、今回行ってきましたのは、主に関西地方を中心に北は札幌、南は福岡まで各地に16店舗を展開している大型チェーン『グラヴィティー・リサーチ銀座店』です。

この『グラビティー・リサーチ』ですが、関東には数店舗あるんですが、都内では今はここだけにしかありません。2018年5月までは池袋と西多摩にあったんですが、残念ながらG.W.を最後に閉店してしまいました・・・。池袋はいい所だったなぁ😢

まっ、無くなってしまったものはしょうがないですね。

話が逸れましたね。銀座店のレビューに戻りましょう。

営業時間・利用料金

営業時間

月~金14:00~23:00

土日祝11:00~21:00

利用料金

初回登録料 1,500円(更新料なし)
※紛失の際はカード再発行手数料として1,000円いただきます。
※メンバーズカードは他のグラビティリサーチでもご利用いただけます。

◆基本施設利用料 一日利用券
対象者 一日券 90分券 21時以降券※3 延長料金
クライミングエリア
料金
一般 2,100円 1,500円 1,600円 600円
大学生・専門学生※1 1,600円 1,200円 1,200円 400円
中高校生※1 1,100円 800円 300円
シニア※2
(55歳以上)
1,100円(一日券のみ) 月~金曜日(祝日除く)
レディスデー 1,100円(一日券のみ) 月・金曜日(祝日除く)

※1学生の方は初回登録時に学生証をご提示ください。卒業予定年月日を登録させていただきます。
※2シニアの方は保険証で年齢確認をさせていただきます。
※小学生・乳幼児はご利用いただけません。
※3土日祝はご利用いただけません。

◆基本施設利用料 期間券、回数券
期間券 回数券
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 6回券 12回券
購入店限定 全店共通
一般 12,500円 13,500円 36,000円 66,900円 133,800円 11,400円 20,600円
大学・専門学生 9,500円 10,500円 26,800円 49,400円 98,800円 8,500円 15,500円
中学・高校生 7,000円 8,000円 17,500円 33,000円 66,000円 5,700円 10,300円

●3ヵ月・6ヵ月期間券:購入店舗でのみ使用可能です。
●12ヵ月期間券・回数券:グラビティリサーチ全店で共通使用が可能です。

◆レンタル料金
シューズ 300円
※レンタルご利用時には洗濯済み靴下もしくは販売靴下を着用してください。
パンツ 300円
チョーク 100円
■ご利用者区別用のバンドについて
受付時にお渡しするリストバンドはご利用中、手首もしくは足首に装着してください。
バンドはお帰りの際に回収致します。

立地

まず立地ですが、話題のハイソなショッピングモール『GINZA・SIX』と同じ銀座6丁目にあります、「風月堂」ビルの6階に入ってます。同ビルの地下2階と地下1階が経営母体のアウトドアショップ「好日山荘」になっておりますので、間違えて地下に降りて行ってしまうと、『グラビティ・リサーチ』にはたどり着けないので気を付けてください。

ちなみにこのビルと同じ区画には、「ルイ・ヴィトン」「ロレックス」「ブライトリング」と、名だたる高級品店が立ち並び、付近にも高級店が点在しています。少し気が引き締まると同時に、なんだか場違いな感じがしてきました(笑)

受付

エレベーターを降りて、しばらく廊下を進むと受付があります。『グラビティー・リサーチ』では、系列店の会員カードを提示すれば入会金はかかりません(通常¥2000)。

料金の支払いはカウンター横の券売機で購入します。対応してくれたスタッフの方もとても感じがよく、気さくに話せる感じがしました。

設備

店舗の中はというと、まぁ綺麗ですね。手足洗い場も完備されており、終わったらそのまま飲みにも行けそうですね。鍵付きロッカーも十分な数用意されてますし、休憩エリアには漫画やウォーターサーバーもあって、居心地は良さそうです。

珍しいのは、受付を出たところにある「高酸素ルーム」「低酸素ルーム」でしょうか。「低酸素ルーム」は、要予約で別途料金が発生するみたいなのですが、これから登山に行く方が高知の気圧に身体を慣れさせるための設備みたいです。ボルダリングには直接関係ないですけどね。一方の「高酸素ルーム」はその名の通り酸素濃度を高くしてあるので、疲労回復などに効果があるそうです。こちらは、空いていればいつでも使えるらしいので、試してみてもいいかと思います。

課題・コース

ボルダリングエリアは決して広いわけではないですが、まったく窮屈さは感じませんでした。(それでも立地を考えると広いほうだと思います)

壁の種類も、特殊なものはありませんが、通常の「スラブ」から「強傾斜」まで一通り楽しめます。全体的に壁の高さは低めですね。少し物足りなさもありますが、コース設定が多彩なので、飽きずに楽しめました。

ここの課題は、手・足限定(手・足ともに使えるホールドが限定されている)が基本設定になってます。通常の常設課題は、初心者でも十分に楽しめるコースも豊富にありますし、中~上級者の方には、常設課題の他にマンスリー課題も多く用意されていて、常連さんでも飽きさせることがないような工夫がされています。

総評

ジムの設備・雰囲気はとてもよく、個人的には休憩をはさみながら一日中いられそうな雰囲気でした。場所が場所だけに、利用料が高いのかなぁ・・・とか思いましたけど、そこはチェーン店。さすがに料金は統一されてました。(1日 ¥2100)

また、好日山荘系列店なので、必要な道具等もすぐに揃えることができるのは助かります。

『グラビティー・リサーチ』の誇るプロクライマー・小西大介さんがスタッフとして勤務しているので、運が良ければ会えますよ。とても気さくで、なにより『強い』。わからないことは何でも教えてくれます。常設課題・マンスリー課題の他に、「daidaiマンスリー」という課題をプロデュースしてくれてます。

また、機会があったら利用させていただきたいと思う良いジムでした。

めざせ!「daidaiマンスリー」制覇!!

今回お邪魔した店舗はこちら

『グラビティー・リサーチ銀座店』

付近のボルダリング

永久保存版 都内23区ボルダリングMAP 都心5区編【千代田区・中央区・港区・渋谷区・新宿区】