スポンサーリンク

身の丈に合わせたクライミングシューズの選び方

ここでは、『ボルダリング』を楽しめるようになってきて、「そろそろマイシューズ買っちゃうかぁ~」と思っている方に、シューズの種類とシューズを選ぶときの参考にしていただける様な情報を紹介していきます。

スポンサーリンク




シューズって何?普通の運動靴じゃダメなの?

サイズの話

まず皆さんは、普段履く靴を購入するときはどんな点を重視されますか?デザインでしょうか?履き心地・機能性でしょうか?それともサイズから入りますか?

ほとんどの方が、買いたい靴が決まってからサイズの確認に入ると思います。タウンユースに関して言えば、サイズは多少妥協することもあるかと思います(在庫状況や、見た目の問題などで)。

しかし、クライミングシューズに関しては、サイズ・フィット感を第一優先するべきだと思います。最近では国産ブランドも出てきましたが、まだまだ欧米のブランドが主流です。そのため、サイズだけでなくご自身の足形との相性も重要になってきます。また、サイズ表記も[CM]でなく[inch]や、[EU表記]になってます。サイズ変換表は、下記を参照してください。

クライミングというスポーツは、難しい課題になればなるほど足の重要性が上がってきます。つま先からかかとまで、無駄なく使えなければ登れない課題も出てきます。
レンタルシューズであれば、その時フィットするものを選べばいいのでしょうけど、マイシューズとなると、素材にもよりますが長く履いていればシューズも足に馴染んできますし、足もシューズに慣れてくるでしょう。そうなったときに、少し遊びができてしまったりすると、意外とストレスにもなります。

ですから、最初の目安としては足の実寸か、少し小さめを買うとよいでしょう。つま先が詰まって、最初は長時間履いていられないぐらいがベストです。

形状の話

そして、サイズと同時に見なくてはいけないのが「形状」です。

やはり、クライミングシューズの特徴といえば、「ソール」にあります。クライミングシューズは、岩や壁に対してフリクション(摩擦)を効かせる為に、「フラットソール」という、溝が全く無いソールになっています。また、その形状も「ノーマル」な形状からつま先部分が足裏方向に大きく鉤型に曲がった「ダウントゥ」や、逆に上に反っている「船底型」また、親指部分が極端に内側に入っている「ターンイン」と、非常に特徴的な形となっております。どの形状にも、向き不向きがありますし、個人的な好き嫌いや相性によっても選択肢が分かれてくるところです。

まず初めてのシューズであれば、「ストレートタイプ」「フラット形状」というのが、初心者には使いやすくどんな壁にもそこそこ対応できるので、お勧めです。しかし、このタイプはレンタルシューズに採用されていることが多いので、それじゃあ物足りないという方は少しダウントゥになっているものを選んでもいいと思います。(私はそうでした)

あとは、「足入れ」のタイプですね。これは普通の靴と同じように、「スリッポン」「ベルクロ」「レースアップ」とあり、脱ぎ履きがしやすいのが「スリッポン」、脱ぎ履きはしにくいけど、足にしっかりフィットさせられるのが「レースアップ」、その中間が「ベルクロ」といったところでしょうか。

ちなみに、これが私の今の相棒です。(3足目)

ベルクロタイプのダウントゥとターンインが少し入ったモデルです。国産クライミングシューズの先駆け「浅草クライミング」「TSURUGI」です。やはり、国産というだけあって、私の足形にバッチリ合ってます。

まとめ

今回は、素人目線からの個人的なシューズ選びを紹介させていてだきました。私もまだまだ勉強中ですので、より良い情報を提供できるように努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

最後に、上記で紹介した「浅草クライミング」の他に、代表的なクライミングシューズメーカーの一覧とリンクを貼っておきますので、参考にしてみてください。

それでは、良い相棒と出会えますことを祈っております。

主なクライミングシューズメーカー

イボルブ(Evolve)

オーツン(OCUN)

サルティック(SALTIC)

カルパ(SCARPA)

スポルティバ(La Sportiva )

テナヤ(TENAYA)

ファイブテン 5.10(FIVE TEN) 

ボリエール(BOREAL) 

マッドロック(MADROCK)

レッドチリ(Red Chili)

楽天市場でクライミングシューズを探す

Amazon.co.jpでクライミングシューズを探す

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする